44歳で退職から会社設立?!事の顛末を綴るブログ

プレミアムドメイン買っちゃいました

2015.03.09

プレミアムドメイン買っちゃいました はコメントを受け付けていません。

雑記帳アイキャッチ画像

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

プレミアムドメインって知ってます?URL文字列等に使用するのですが、誰も取得したことのないドメインじゃなくて、少数文字などで構成された、「この文字列ってひょっとして価値あるんじゃない?」って誰かが思っているドメイン名のことです。

私が欲しかったドメインの状態は、会社名を決めた時にすでに調査済みで、プレミアムドメインとして売りに出されていたのは知っていたのです。でもお高かったんですよ。調査した時点でもうすぐ期限切れだったので、以下のサイトに登録しました。有料ですけどね。

Reserved Domain

でも、所有者が更新しちゃって取得できませんでした。まぁ、ひょっとしたらっていう思いで登録したのでいいですけど。

で、事業計画やら製品計画やらを立て始めると、やっぱりそのドメインが必要になって来た訳でして。半年以上迷って取得することにしたのです。

初めはSEDOでやってみようかと思いましたが、手数料が結構かかるのです。(ドメイン代金+手数料)×為替レート+トランスファー料という計算式です。

計算すると国内で手配するより高くなっちゃうことが分かり、探すとお名前.comとムームードメインが取り扱いしています。まぁ、両方ともGMOですけど。

お名前.COMでは見るサイトによって値段が2種類提示されていますが、これは消費税込みか抜きかの違いだけです。ムームードメインを見ましたが値段はお名前.COMと同じです。

じゃぁ、どっちで手配するっていうことになりますが、お名前.COMではプレミアムドメインについてはクレジットカードの取り扱いを停止中(この記事現在)です。じゃぁ、ムームードメインかとなりますが、プレミアムドメインについての解説が詳しくないのでちょっと不安。私事ですが、このサイトではアフィリエイトを取り入れているのですが、お名前.COMとも提携中です。調べると自己アフィリエイトでプレミアムドメインを申し込むと入金確認後に4.7%分をバックしてくれるとのこと。ムームードメインにはこの手のモノはありませんでした。

これはお名前.COMで決まりだろう、ということでウチの奥さんに相談です。

私(社長)
前々から話していたドメインを取得したいんだけど...
ウチの奥さん
いくらするの?
私(社長)
25万円弱。アフィリエイトで4.7%戻ってくるって。
ウチの奥さん
誰が払うの?ウチ?会社?
私(社長)
会社で払う余裕無いから、ウチで払ってもらって、会社から毎月少しずつ使用料をもらう格好にしたいんだけど。いつかは買い取ってもらう方向で。契約書の案も作ってあるし。
ウチの奥さん
で、カードで払えるんでしょ?
私(社長)
それが現金しかダメみたいで。
ウチの奥さん
結局は同じことだからいいよ。あなたの好きなマイルが貯まらないってことでしょ。ただし、会社には将来高く買い取ってもらってよ、社長さん。

貧乏社長はとにかく奥さんに頭があがりません。

ということで、お名前.COMに申し込みました。ちょっと広告。

登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」

請求内容がメールされてきたので、ネットバンキングで代金を払い込みしたのが土曜日です。

プレミアムドメインは申し込んで入金したからと言って確実に取得できるものではありません。所有者が提示している価格に同額で買取提案をぶつける方法です。提示されている価格はSEDOなどの海外サイトを見るとわかります。SEDOは交渉もお任せのこのやり方で買い取ろうとすると買い手と売り手の両方から手数料取りますが、お名前.COMの価格を見ると、お名前.COMは売り手からだけ取るんだろうと思います。

SEDOで申し込まなかったのはこの総支払額の問題もありますが、買取申し込み後にドメイン所有者が値段を上げてきた際に交渉できないからっていうのもあります。まぁ、お名前.COMもその際の交渉なんてしないだろうから、「取得できませんでした」というメッセージとともに返金されて来ることになるのでしょうが、買取成功すれば、お名前.COMの私の所有ドメインの一覧に自動的に表示されるっていう便利さもあります。

お名前.COMから入金の確認メールが来たのが月曜日の10時過ぎ、登録完了通知メールが来たのが11時半頃。お名前.COMの管理画面を見ると自分の管理するドメインの一覧に確かに記載されています。

申し込んでからアッサリ取得できちゃったので、ちょっと拍子抜け。早速ドメイン移管にロック掛けました。

これでサービス開始のテストサイトをSSL証明書付で製作することができるようになりました。

また一つ自分へプレッシャーですが、がんばります!

関連記事

コメントは利用できません。