44歳で退職から会社設立?!事の顛末を綴るブログ

やっぱり固定電話じゃなきゃダメかぁ

2014.09.03

やっぱり固定電話じゃなきゃダメかぁ はコメントを受け付けていません。

電話・インターネットアイキャッチ画像

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

起業するにあたり、結構悩んだのが電話をどうするか。本やサイトには携帯電話じゃダメでしょうと書いてある。だろうね、とここは納得しつつも、じゃぁIP電話は?と疑問に思うわけで。ぐるなびでお店を検索すると、結構な確率で050~というお店の番号に行き当たります。昔と違ってさほど抵抗なくなってきたんだなぁ、と思いつつ経費も節減になるし、これでいこう!とウチの奥さんに相談すると、「会社の電話は昔からの市外局番がついていないと信用できない」とのお言葉。あー、やっぱりね。「でも、わざわざNTTの固定電話を引きたくない。毎月高いお金払わなきゃならないし。」と抵抗すると、「じゃあ、NTTの固定電話でお金のかからない方法を考えたら?」と会議終了。「ところでFAXは必要かなぁ?」と去り際に聞くと、「今時あまり使わないけど、FAXのない会社なんて聞いたことない。」とこれも一蹴されトホホな状態に。私、会社設立に関しては、ウチの奥さんが言う事は、世間一般の意見として有り難くお言葉を頂戴しているのです。

何故私がこんなに抵抗していたかと言うと、年度末に会社を辞めるのを機に、電話を解約したのです。親と二世帯で住んでいるのですが、親は電話を持っている。FAXまで別番号で。この状態なら、親の電話にコードレスの子機を増設して、その番号に相乗りしちゃえばいいじゃん!どうせ連絡くるのは子供の学校からだけだしね!ってな具合で、ここで固定電話を再契約なんていう手戻りをしたくなかったのです。でもそんなことは言っていられないので、早速検討することに。

現在の状況は、Bフレッツハイパーファミリー1回線/ひかり電話に追加番号2番号となっています。ルータ後ろのアナログポートは既に占拠済。

ウーン、家にある光ルータにはあと3番号追加できる。しかし、3番号目からは発着信するのに無線LANを経由しないといけない(性格にはネットワーク経由)。なになに、NTTの追加番号用の電話端末があると!ゲッ、高い!買えるわけないじゃん!

なになに、スマホでひかり電話とな。無線LAN経由で光ルータにセットされた番号の発着信をスマートフォンのアプリを利用して可能にするとな!

決定!

しかし、ダブルチャンネルの月額がBフレッツだと毎月400円もかかる。光ネクストだと毎月200円なのに。んっ?!NTTがBフレッツを廃止方向で、既存契約者を自動的に光ネクストに変換するとな!

ヨッシャー!さらにさらに、巷では光ルータのVPNサーバ機能を利用して、外出先でも自宅の電話番号で発着信している人がいるだと!!!

これだー!勝ったー!

何に勝ったかは分かりませんが、そんな気分だったのです。

自宅の光ルータはRT-200KIだったのでこれはVPNサーバ機能のある400系に交換してもらわなくてはなりません。電話機と光ケーブルの引き込み口が遠いのでONUとは分離型にする必要があります。

時は8月19日、フレッツメンバーズクラブのサイトにてBフレッツから光ネクストに契約が勝手に変わっているのを確認し、早速NTTに電話しました。

「光ネクストに変更になっていますよね。ひかり電話の追加番号を1つとダブルチャンネル、それと現在のレンタルルータをVPNサーバ機能が使用できるものに交換して欲しいのですが。ONUと分離タイプで。」と私。NTTは「かしこまりました。その機能が利用できるのは400系ですので手配いたします。」。

これはウマイこといくぞぉ!NTTに指定された追加番号の工事日は8月23日で、交換用の400系の光ルータが到着するのも同日とのこと。

ついに、待ちに待った8月23日がやって来ました。なにがこんなに待ち遠しいかって、自分の思い描いたプランが実現する日だからですよ!NTTからのゆうぱっくが届き、うやうやしく箱を開けたその時です。

「なんじゃこりゃ!!!」※注:松田優作風に

「コラッー!NTT!400系って自分でも言ってたろぉーーー!」

箱に入っていたのは一世代前の300系でした。これにはVPNサーバ機能がついていないのです。

ここ数日の期待感を全てぶち壊しにしたNTTの罪は重い。

 

続く...。

関連記事

コメントは利用できません。