44歳で退職から会社設立?!事の顛末を綴るブログ

ウソをつかれ、途方に暮れてます

2015.05.27

ウソをつかれ、途方に暮れてます はコメントを受け付けていません。

雑記帳アイキャッチ画像

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

昨年の今頃のことです。このブログの元となったと言っても過言ではない出来事がありました。こちらの記事です。S社長に相談した際には「作ります」の言葉をもらい、今年の4月まで自分の会社を設立するなどして準備してきのは、このブログに書いてあるとおりです。

実はこの間、してもらうばかりじゃ申し訳ないと思い、S社長の仕事のお手伝いを無償で行ってきたのです。

4月に入ったのでS社長に時間をとってもらい、昨年来の話をしました。

私:昨年お願いした件で、3月まではS社長がお時間がとれないとのことで、この時まで待っていました。その間、どのようなプロダクトにしようか考えて本日まとめてきました。

S社長:これを製作するのにどのくらいの金額になるのかを出すことはできます。

私:?????

その日はこれで帰宅したのですが、一体何の話をしているのか理解できませんでした。翌日、S社長に電話しました。

私:昨日おっしゃっていたことが良く理解できませんでした。私は社長が「投資のつもりで作りましょう」と言った言葉を信じて、また社長を信頼して現在に至ります。この件について今まで何もお話ししなかったのもその為です。ところが昨日は金額の話をされました。私にお金が無いのはご存知のはずです。金額の話をされるということは製作費分について私に借金しろと言われるのですか?

S社長:プロダクトを製作するに当たって2つの事を意識しています。一つは新しいことか。これは最新技術を取り入れるということではなく、新しい取り組みなのかということ。もう一つはいくら稼げるか。この2つをモチベーションにして仕事にあたります。私が見るところ、提示された内容には新しいものはありません。であれば、もう一つの稼げるのかということになりますが、稼げるような気がしません。なので、取り敢えず製作したらいくらかかるかという金額だけは出せますとお話したのです。

私:当時、新しいところは?と聞かれ答えています。それに対してじゃぁ作ろうとなったじゃないですか。

S社長:今となっては新しいとは思えない。だから金額なのです。

私:商品は新しいものが売れるとは限らない。世の中の商品は模倣から始まり、改善されて受け入れられているモノがほとんどだと思うし、みんなそれについて切磋琢磨していると思っています。私が示したものは昨年の時点で既に他社がサービスを始めていたものです。それはご存知のはず。状況はほとんど変わっていないのに、今更そんな話をされても。

S社長:とにかくモチベーションが上がらないのです。

これはラチが開きません。要は作りたくないんだと思いました。ウソだった訳です。実はその後も既存サービスのユーザーの所へ一緒にサービスに対する満足や不満をヒアリングしに同行してもらいました。顧客の話を聞いたら私の考えの新しさを理解してもらえると思ったからです。それでも、既存サービスで十分に代替がきくと言って譲りません。顧客は工夫してサービスを使うのではなく、初めから満足行くサービスを使いたいのに。それを作る側が工夫して使うのが客の役目だというのはオカシイでしょ。

やっぱりウソだったのです。確信しました。

それにしても、自分の会社をどうしようか、家族との生活をどう守ろうか、という難題が待ち構えています。4月から半年かけてプロダクト製作にかかり、その間に顧客ヒアリングや販売計画の立案と実施、11月にテスト販売、12月に本格始動と時期的な計画を立てていただけに、全てパーです。

S社長の為にと言っても過言ではありませんが、一つの会社の社長として代わりに無報酬でもS社長の会社の営業をするために、会社設立を早めた経緯もあります。無報酬ですから、当然に収入はありません。今年12月まで頑張れば、と思っていたものが全て消し飛んでしまいました。

実はこの件以外にもS社長から他の営業契約の話を持ち掛けられたのですが、内容が私からの搾取としかとりようのない内容だったので、話し合いの場ももちましたが、必ず後になって内容をひっくり返されます。他にも我慢していたことが複数あったこともあり、今後一切かかわらない旨を伝えました。4月からの営業の手伝いについては代金を請求しましたが、支払われるかはわかりません。まぁ、お別れの連絡をしても、直ぐに自分から連絡してこないので、後ろめたいことでもあるのでしょう。S社長は私の中で終了です。

会社設立してから今までおよそ9か月のモヤモヤが無くなったのは良しとして、今後どうしようか、今は途方に暮れてます。協会けんぽの保険に加入できるだけの最低の給料の自分への振込作業や他の事務仕事をするのにパソコンに向かうと、こみ上げてきます。

でもここで負けられません。家族を養う為、どんな時でも背中を押してくれるウチの奥さんのために、考えて、調べて、行動に移さなくてはなりません。

今後このブログも仕事のことを沢山書けると思っていましたが、そういう事には今のところなりそうにありません。

生きていればいろんなことがありますよね。いいことも悪いことも。自分はとにかく、自分を含め誰に対しても正直に生きて行こうと思います。

 

関連記事

コメントは利用できません。