44歳で退職から会社設立?!事の顛末を綴るブログ

Mini-100 Proの着信動作パターンの設定とGSMファイル入れ替え

2014.09.25

Mini-100 Proの着信動作パターンの設定とGSMファイル入れ替え はコメントを受け付けていません。

電話・インターネットアイキャッチ画像

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

前回に続き、Mini-100と格闘しているものの、負けそう...。

先ずは一般設定のAnswer Dial mode、Normal Call ring mode、Offnet Call ring modeについて調べてみた。これは私には無理。asteriskのオプションなんだけど、これを変化させて設定の結果どうなるか分かりません。参考になるURLを張っときます。

voip-info.orgのAsterisk cmd Dial

とっとと次に行きます。前回の設定で、スマートフォンがひかり電話の番号で発着信できる、持ち運び自由な、所謂「どこでもスマホdeひかり電話」になったのですが、会社の電話として利用する目的があることから、どのように運用を想定して、どのように設定するのかを考えて行きます。

ここから先は長くて、画像も無く、かつ読みづらいので、興味のある方は休憩しながら読んでください。

では使用環境と条件を整理します。

電話に出ることができるのは私一人だけ:一人社長の宿命ですね。電話秘書とかいうのもあるらしいですが、契約するお金(ランニングコスト)がありません。

私はどこにいるか分からない:外出中であったり、トイレに入っていたり、車を運転していたり、飛行機に乗っていたり、と日常生活での様々なシーンが考えられます。

電話に出られない時もある:先の条件に重複しますが、誰かと話していたり、モタモタして電話に出られない、食事中、運転中、など色々考えられます。

これらのことから、電話って応答できてナンボというのが良くわかります。会社的に考えるとさらに、

電話が鳴るのは営業時間だけがいい:自宅が会社ってのもありますが、営業時間外は会社に誰もいないっていうのは普通のことなので。

昼食時間は対応できない:食事中もそうですが、食券買っている最中、昼食兼会議というのもありますから。

こういうワガママな欲求に応えてくれるのが今回導入したMini-100だと思っているのですが、どうも設定方法がわからない。設定はできるみたいだけど、説明書に設定パターンが記載されていない。他のサイトをウロウロしても、やはり実際の設定パターンが無い。

ということで、試行錯誤しながら、何とか欲求を満たしたいと思います。

先の営業時間だけ鳴る、昼食時間は鳴らない、という欲求を満たすにはIVRに着信させるしか方法がありません(と思っています)。なので、インバウンドの着信先は必然的にIVRのIVR-1になります。ちなみに、IVR-1には日本語アナウンスが含まれています。IVR-2は中国語、IVR-3は英語です。ここで設定画面の左メニューにあるIVR(音声自動応答)をクリックし、一番上のoperatorのEditボタンをクリックします。この設定は、電話を掛けると自動音声が応答し、電話機でゼロを押すとDestinationに指定された番号へ内線転送するというものです。この場合、ゼロが押されたら、リンググループに登録された内線を一斉に発呼するように設定します。会社に10台の電話があれば、10台全て鳴らすようにできます。

ここでテストしてみました。すると、自動音声は「呼び出したい内線番号を押すかゼロを押してオペレーターに接続する」と言っています。電話を掛けて来た人で、目的とする内線番号を知っている人は少ないでしょうから、このアナウンスを変えます。「お電話ありがとうございます。お繋ぎしますので、トーン信号の出る電話機でゼロを押してください。」(greeting.gsm)。これにより、電話を掛けて来た人は必ずゼロを押すはめになります。迷惑かけますが、ここは涙を呑んで諦めますし、諦めてもらいます。また、パルス信号で電話を掛けて来る人を切り捨てています。これも割り切りました。この場合に、部署によりグループ分けしてリンググループを設定していれば、アナウンスの時点で「お電話ありがとうございます。お繋ぎしますので、トーン信号の出る電話機で、総務部は101、営業部は102、不明な場合はゼロを押してください。」などとするとカッコいいです。本来はこういう使い方ですよね。

電話を掛けてきた相手がゼロを押すと、リンググループ内の電話が一斉に鳴るようになりました。ここで電話に出ると、相手と話すことができます。では誰も電話に出なかったらどうなるか。「この内線は応答しない。別の内線番号を押すか、ゼロを押してオペレータに接続する。伝言を残す場合はそのまま待て。」という旨のメッセージが流れます。これも変えます。「呼び出しましたが応答がありません。ご伝言を残される場合はそのままお待ちください。」(no_answer.gsm)。これなら、上の場合と整合性が取れます。代表する総務部門でもあれば「呼び出しましたが応答がありません。オペレーターにお繋ぎしますのでゼロを押してください。ご伝言を残される場合はそのままお待ちください。」となるでしょうか。

ここで疑問です。リンググループに複数の内線が設定されていれば、それらの電話機が一斉に鳴るのはわかりました。では誰も出なかったら、しかも相手が伝言メッセージを残したら、一体どの内線番号に残るのか。内線2台で実験の結果、リンググループの一番上に登録されている内線番号(Extension 1)にボイスメールが残り、メールが発信されました。さらに疑問です。この一番上がofflineだったらどうなるか。アナウンスでは「offlineだから受信できない。他の内線番号を押すか、ゼロを押してオペレータを呼び出せ。」と言います。ここでゼロを押しても、先の設定でゼロの転送先はExtension 1です。試したら強制的に電話を切られました。これでお分かりかと思いますが、Extension 1は絶対にonlineである必要があります。何となく日常運用の危険を感じるので、以下のとおりとするのが安全でしょうか。あくまでも電話に出るのが一人しかいないという前提ですが。

インバウンドはIVRを選択

IVRの転送先はリンググループを選択

リンググループには2つ以上の内線番号を予め登録

リンググループのExtension 1には固定のIP電話機を指定(絶対にofflineにならない)

Extension 1の内線設定でボイスメールの通知はスマートフォンに向ける

Extension 1の内線設定でボイスメールの保存件数は最高の20にしておく

これで、常にonlineとなる事務所内固定電話(Extension 1)を設置し(電話に出るのが自分一人しかいなくて、自分の外出時などは固定IP電話の呼び出し音を電話機側でOFF)、実際の発着信はスマートフォン(Extension 2)で行い、ダイヤル0経由の着信は、onlineのExtensionが全て鳴動するが、誰も応答しない場合の留守電はExtension 1に保存される。通知と内容はExtension 2にメールされるが、内容をMini-100で聞く・消去する場合には*98でExtension 1のメッセージボックスへ内線接続して行うか、帰ってから固定電話機で直接行う。これで、Extension 2つまりスマートフォンは飛行機の中でofflineでも、確実にメールで留守番電話を受け取れるだろう。

一般設定で指定した営業時間内に電話が掛かってきた場合には上の通りで大丈夫だろう。では営業時間外と昼休みにはどのようにMini-100は反応するのだろうか。営業時間を09:00-17:00、昼休みを12:00-13:00に設定する。営業時間外に電話すると「営業時間外」と応答する。営業時間内でも昼休みに電話すると「昼休み」と応答する。では、営業時間を09:00-11:00、昼休みを12:00-13:00と設定するとどう応答するだろうか。営業時間外に電話すると「営業時間外」と応答する。次に昼休みに電話してみる。今回の設定時間は営業時間外で且つ昼休みだ。すると、Mini-100は「昼休み」だと応答した。つまり、営業時間内だろうが、営業時間外だろうが、昼休みに設定した時間内に電話を受けると、昼休みと答えてしまうのだ。これら仕様で困ることがある。

このMini-100にはカレンダーが付いていないことだ。祝日だろうが、土曜日だろうが、他に特別に休業とする場合でも、毎日決まった時間で営業時間外と昼休みの応答メッセージを流す。日曜祝日関係なく、営業時間内で且つ昼休み以外では普通に電話が鳴るのである。

先ずは昼休みからだ。初めは昼休みを1分間に設定しようとした。つまり、12:00-12:01である。すると12:00になると昼休みのアナウンスが流れる。そこで12:00-12:00とした。すると昼休みのメッセージが流れなくなった。開始と終了を同時刻にすると、アナウンスしない仕様らしいことが分かった。

次は営業時間である。週末や長期休みの場合には24時間以上営業時間外である必要がある。これも昼休みと同様に営業時間を09:00-09:00とし、開始と終了を同時刻に設定するのである。狙い通り09:00-09:01に、つまり午前9時0分台に電話しても営業時間外になった。まとめてみる。

営業時間の設定で、開始時刻と終了時刻を同時刻として設定すると、営業時間は存在しなくなる。つまり全て営業時間外となる。

昼休みの設定で、開始時刻と終了時刻を同時刻として設定すると、昼休みは存在しなくなる。

昼休みの設定で指定された時間については、営業時間設定より優先する。つまり、営業時間でどのような設定になっていても、昼休み時間が1分でもあれば昼休みのアナウンスをする。

ということになる。

では具体的に週末の定時後にどのように設定するか。初期状態を、営業時間は09:00-17:00、昼休みは12:00-13:00とすると、金曜日の17:00以後に、営業時間を09:00-09:00、昼休みを12:00-12:00とするのである。これで営業時間も昼休み時間も存在しなくなった。全て営業時間外である。そして月曜日の09:00前に各時間帯を初期状態に戻すのである。少し面倒な作業だが、便利に使いこなすには必要なひと手間だろうと思う。長期の休みの際には電話メッセージも差し替えておくと、電話を掛けてきた相手により親切だろう。

これで、会社の電話として使えそうな設定になったと思う。ネット上では留守番電話にSMARTalkへ無料転送という手段も見受けられたが、通知される着信番号が、転送元の050番号に変わってしまい、本来電話を掛けてきた相手が分からなくなってしまうのが最大のデメリットだ。では掛けてきた相手の電話番号を知るためにMini-100から直接SMARTalkへ転送すると通話料金が掛かってしまう。通話料も払いたくない、でも留守電のメッセージと着信番号通知は欲しいと考えて、今回のMini-100での設定にこだわった。他にも多用な設定方法により、多くの機能が使えるようだが、現在の自分にはこの程度が可能になれば大成功である。

それにしても、LAN側からの設定でいちいちIPアドレスをPC側で書き換えるのが面倒だ。しかし、WAN側にはMini-100のfirewall設定を効かせたい。となると、PC側にネットワークカードの2枚挿しか、USBでのネットワーク変換機や無線LANが必要ということだ。必要だけど無駄な気がする。矛盾するが、毎週のこととなるとやはり面倒だ。

最後に追記として、システム録音にあるファイルをバックアップして聞いてみると、日本語と英語の内容が異なるファイルが2・3あった。実際にはメッセージの録音もしないのに、録音するからそのまま待て、という内容だ。これは自分なりにMini-100の機能を損なわない程度に変えて本機にアップロードした。

参考に、以下にファイル名と修正したテキストの内容を記しておく。どのファイルが何に対応していて、メッセージのあと留守録するのかどうかもわかるだろう。しつこいようだが、電話を受けるのは私一人という前提で書いてある。

営業時間内の応答(greeting.gsm):お繋ぎしますので、トーン信号の出る電話機でゼロを押してください。(繰り返す)

昼食時間内の応答(lunch_time.gsm):只今お昼休みをいただいております。恐れ入りますが後ほどお掛け直しいただくようお願いいたします。(強制断)

営業時間外の応答(off_duty.gsm):只今営業時間外です。恐れいりますが営業時間内にお掛け直しいただくようお願いいたします。(強制断)

不在時の応答(no_answer.gsm):呼び出しましたが応答がありません。ご伝言を残される場合はそのまま切らずにお待ちください。(留守電へ)

通話中の応答(callee_busy.gsm):只今別の電話にかかっております。後ほどお掛け直しいただくか、ご伝言を残される場合はそのまま切らずにお待ちください。(留守電へ)

オフライン時の応答(callee_offline.gsm):お掛けになった電話番号は現在受信することができません。トーン信号の出る電話機で他の内線番号をプッシュするかゼロを押してください。(最初の着信でこれが出ると致命的)

これら以外の音声ファイルは保留音を除き入れ替えは利かないと思った方が良い。settingファイルを見ればあと一つ変えられそうだが、ボイスメールで操作案内をする早口なアナウンスは設定ファイルが見つけられなかった。

ちなみに、GSMファイルを再生するにはVLCメディアプレーヤーが利用できる。WAV形式で録音するにはMoo0 ボイス録音器、WAVをGSMに変換するにはSwitchというソフトウェアがある。

つづく....

関連記事

コメントは利用できません。