44歳で退職から会社設立?!事の顛末を綴るブログ

Mini-100 Proが届いた!さぁ設定だ!

電話・インターネットアイキャッチ画像

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

8月29日にここで注文したIP PBXのアプライアンス製品であるArista System社のAristel製品のArnex Mini-100 Proですが、9月9日に「9月5日に発送しました」という時間的に奇妙なメールを受け取り、品物は9月11日に届きました。税金付きで...。

ちなみに、この製品は他の販売者からも購入することができます。しかし、調べた限りでは値段が高いか在庫なしとのこと。他にはここでも扱っているようです。しかし高い!でもマニュアルも整備されていて国内向けというのがわかります。

始めにご紹介しておきますが、ここの会社のブログやfacebookがあります。設定や製品活用法などが書かれていますのでご参考に。

温泉キングのブログ

IP PBX

Marc’s Report

Akkord International 今回購入したMini-100 Proを扱っている会社(台湾)です

SZ Express 上の会社の日本語通販サイト(台湾)です

これらの他、参考にしたサイトは自己満備忘録です。私、このサイト好きです。

では、開封の儀をご覧ください。

大きく「課税通知書等在中」の文字が。中に入っている書類は、

MINI100開封1

国際郵便物課税通知書

MINI100課税通知書 MINI100課税通知書裏

不服申立て等について

MINI100課税不服申し立てについて

納付書・領収証書兼払込金受領証

MINI100課税納付書

領収証書

MINI100課税領収証書

の4点セット。不服を申し立てるだけ時間の無駄なので素直に税金と手数料を支払います。郵便局員が配達してくれるのですが、その場で支払えば関税の支払いと日本郵便への通関手数料の支払いは完了です。

今回のお買い物は、

商品代金:¥36,800

送料:¥800

税金:¥1,600

通関料:¥200

しめて¥39,400のお買い物でした。

課税通知書のビニールを剥がすと、下に台湾側での申告書類が見えます。Commercialにチェックが入ってます。これをGiftにチェックすると非課税だったかもしれませんが、脱税ですね。

MINI100開封2

外装には通関検査の為に開封し、再梱包したシールが貼られています。

MINI100開封3

あて先シールは課税書類の裏側に表示されています。こちらが本来の表ですね。課税対象を示していると思われる赤い大きな「税付」のシール。どうも日本郵便扱いの時に貼られるらしい。「Duty・TAX」みたいな今時のデザインにならないものか。大正・昭和初期の薫りがする。

MINI100開封4

ビニール封筒を開封すると、エアパッキンに包まれた白い箱とINVOICEが表れた。

MINI100開封5 MINI100_INVOICE

箱を明けるとCD-ROMが見える。まさかと思ったが、CD-ROMをよけるとMini-100 Proが現れた。

MINI100開封6MINI100開封8

小さい!CD-ROMと同じ大きさではないか。

MINI100開封10 MINI100開封9 MINI100開封12 MINI100開封11

箱内は二重になっており、中にはLANケーブル1本(約2.7m・CAT5)と電源アダプタ1個(コード長約1.5m・アダプタ幅約42mm)が入っている。推測だがLANケーブルはD-Linkという会社の製品だろう。

MINI100開封7

アダプタは汎用品のようなので、国内でも容易に手にはいるのではないだろうか。

MINI100開封13

紙媒体のマニュアルらしき物は一切なし。全てはCD-ROMの中ということだろう。

ではCD-ROMの中身を見てみよう。

何やらファイルがいっぱいあります。

default setting file English:英語版工場出荷時設定ファイル

default setting file Multi-language:英中日本語工場出荷時設定ファイル

MOH sample:サンプル保留音ファイル

advanced_settings_mini100:高度な呼び出しテクニックマニュアル

IPPBX_TENSOU_ver1_0:電話機別転送マニュアル

LogSvr.rar:syslogソフト

MINI_100_Guide_01A:MINI-100 IP PBX ユーザーズマニュアル(英語版) Ver. 1.0

MINI100_feature_codes:MINI-100 IP-PBX サービス特番一覧

MINI100prov2manual:MINI-100 Pro IP PBX ユーザーズマニュアル Ver. 2.0

初期設定

最後のユーザーマニュアルが初期設定については、まぁまぁ丁寧にできているため、これに沿って設定することとする。ここで説明するのはMini-100と光ルーターとの関係だ。また疑問点の「ボイスメールで着信番号は通知されるか」についても検証してみる。この先は超マニア向け、と言うよりは買う気マンマンの潜在的所有者向けの情報です。念のため申し上げますが、私はこの会社の回し者ではありません。

光ルーターのPR-400KIにはLAN上の特定機器に固定IPアドレスを割り当てる設定が存在しない。PR-400KIの設定画面を開き、DHCPv4サーバー設定で開始IPアドレスを192.168.1.3からとする。これはLAN上で192.168.1.2が光ルーターにより自動でネットワーク上の機器に割り当てられるのを回避するためだ。この番号を空けておいて、後でMini-100のWAN側IPアドレスを192.168.1.2に設定する。

PR-400KI_DHCPサーバ設定

では、設定するPCのネットワークアダプタの設定を変更する。IPv4のプロパティを変更する。IPアドレスは10.19.20.2、サブネットマスクは255.255.255.0として保存する。

イーサネットプロパティ画面 イーサネットプロパティ変更画面

次にMini-100の電源を入れ、LANポートをネットワークに接続する。設定するPCのブラウザを立ち上げhttp://10.19.20.1を入力して、Mini-100の設定画面を出す。Mini-100の設定をする場合には、毎回この手順が必要になるのが基本だが、WAN側からも設定ができるのだ。しかし、設定が終わったらLAN側からファイアーウォールの設定をするのを忘れずに。

設定画面が出たら初期状態のUser NameとPasswordを入力する。右上のJapanをクリックしてメニューを日本語にする。

Mini-100ログイン画面

次に左メニューのWAN設定をクリックする。WAN Port ModeはFixed IPを選択する。IP Addressは先ほど空けた192.168.1.2、Subnet Maskは255.255.255.0とする。Default GatewayとPrimary DNSとSecondary DNSは全て光ルータの192.168.1.1とする。これでSubmitボタンを押して設定を保存する。Secondary DNSは0.0.0.0になるがそのまま。

Mini-100_WAN側IP設定

左メニューのLAN設定をクリックする。IP Addressは初期状態のまま10.19.20.1、Subnet Maskは255.255.255.0、Enable DHCP ServerはDisableとしてSubmitボタンを押して設定を保存する。Enable DHCP ServerをDisableにすることによって、設定時に光ルーターの配下にMini-100のLANポートをおいても、同一ネットワーク内に10.19.20.0/24のIPアドレスがバラまかれることはない。まぁ、使用を開始したらLANポートからはケーブルを抜いておいた方がよいだろう。ちなみに、WANにあてる予定の192.168.1.0/24のIPアドレスは既にWAN側に設定しているので、エラーが出て設定できない。

Mini-100LAN設定画面

次は左メニューのタイムゾーン設定をクリックして、GMT+09:00を選択して、すぐ下のSubmitボタンを押す。

Mini-100タイムゾーン設定

最後に左メニューのリブートをクリックしてRebootボタンを押してMini-100を再起動して、保存した設定内容を反映させる。これで、最も初期の設定が完了した。先に、Mini-100のファイアーウォール設定を解除し、WAN側にLANケーブルを繋ぐとネットワークアダプタの設定を変更しなくても、Mini-100へのログインが可能になる。

Mini-100リブート画面

次は光ルーターの設定。前に、スマホdeひかり電話を設定したが、同様の設定をここで行う。スマートフォンもMini-100もIP電話端末であることには変わり無い。前の内線番号で設定した内容を書き換えて利用しても良いし、新たに設定しても良い。

着信設定

先に光ルーターに設定した内線情報でMini-100経由で電話の発着信を行うため、Mini-100の設定画面を開き左メニューのSIPトランクからSIPトランク追加設定をする。下の図は設定例と設定後である。

Mini-100_SIPトランク設定例

Mini-100_SIPトランク設定後

次は内線設定。60内線まで収容できるMini-100だが、この中に内線を収容することで、初めて端末同士で発着信や通話が可能になる。左メニューの内線設定をクリックし、既にサンプルがあればEdit、無ければAddボタンを押して設定する。下の図は設定例と設定後である。今回は発着信するのがスマートフォン1台のみなので、1つしか設定しない。

Mini-100内線設定例

Mini-100内線設定後

次はリンググループの設定。今回はMini-100で利用するNTTで取得した電話番号は一つしかない。これを一つの端末だけ呼び出すのでは、今後他の電話端末を導入した際に不便だ。また、SMARTalkを使った留守電への転送など、他回線を利用した便利機能を利用する為にも必要だ。先にこの電話番号で着信があった場合に呼び出すMini-100内の内線群を一つ設定する。要は、この番号に着信したら、登録された端末が一斉に鳴動するように設定するのである。実際に設定できる内線は上の1つだけだが、予備的に設定しておく。左メニューのリンググループをクリックし、Addボタンをクリックする。下の図は設定例と設定後だ。この状態から追加する内線番号や削除する内線番号を操作できる。操作が終了したらFinishを押す。

Mini-100リンググループ追加設定

Mini-100リンググループ追加編集設定

やっとインバウンドの設定。外部から着信した電話をどう処理するかを設定する。左メニューのインバウンドをクリックする。下の図は設定例。Nameは分かりやすいように。Inbound Numberは光ルーターで設定した内線番号。Destinationは着信の呼び出し先で、先ほど設定したリンググループを指定する。

Mini-100インバウンド追加設定

ここまで来たらスマートフォンでの着信が可能。ここの設定でAGEphoneに設定したアカウント設定で、ドメインはMini-100の192.168.1.2、ユーザーIDと認証IDは内線番号の1001、パスワードはMini-100の内線設定でExtensionの下で指定したPasswordを入力する。これで宅内の無線LANに接続するとMini-100経由で着信が可能になる。光ルーターからVPNが張ってあれば、外からでも着信するが、それでは今回の試みの意味が無い。ということで、スマートフォンの無線LANを切り、VPNの設定無しでも外でひかり電話を着信できるようにする。

先に、PR-400KIの静的IPマスカレード設定で結果として下図のようになるよう設定する。

PR-400KI静的IPマスカレード設定

今度は左メニューの情報→現在の状態をクリックし、[機器状態情報]のメインセッションのWAN側IPアドレスを確認する。このIPアドレスをAGEphoneのドメインに設定する。スマートフォンの無線LANをOFF、スマートフォンでVPN接続していればOFFにする。さらに、Mini-100の左メニューの一般設定の外部IP利用にチェックを入れ、光ルーターのWAN側IPアドレスを入力します。この状態でNTTの電話番号で外から発信すると、3GもしくはLTEのデータ通信を使って、スマートフォン(AGEphone)で着信する。

発信設定

次は発信できるように設定する。Mini-100の設定画面左メニューのアウトバウンドをクリックし、Addボタンをクリックして設定に入る。Trunk NameはNTT-0006を選択する。以下に設定する規則に合致するものは「ひかり電話」で発信するという決め事を設定するのだ。下図で設定したPrefixの1という数字は1から始まる番号、例えば110・177・117・118などの特番はひかり電話で発信するという意味だ。ちなみに、北海道にMini-100を設置し、ハワイで177とダイヤルすると、北海道の天気予報が案内される。発信元は常にひかり電話を設置した場所になるのだ。よってこれら特番の日常使いには注意を要する。このように、Trunkに複数の設定があれば、どのような番号パターンで、どの回線(Trunk設定)を適用するかを、柔軟に設定可能なのだ。

Mini-100アウトバウンド設定

取り敢えず発着信は可能になった。これからはボチボチとボイスメールや転送について設定して行こうと思う。これで、一人社長が世界中どこでも発着信・通話可能な「どこでもスマホdeひかり電話」の導入に成功した。

確認したかったボイスメールの内容だが、現在録音されている件数、今回の録音時間、発信者番号、着信時間が記載されたメールが届き、録音されたWAVファイルも添付されていた。仕様としてはほぼSMARTalkの留守番電話と同様だ。しかし、このメールを受け取ったからと言って、PBXから録音ファイルが消える訳では無い。内線特番に掛けて消去するなどしないと、容量の問題でいずれ録音できなくなる。

 

追記

何かおかしい、繋がらない、と言う方は、スマートフォンに設定したSIPアプリのコーデック設定を見直して欲しい。ひかり電話はG.711u-Lawに設定しないと通話ができない。私はアプリにAcrobitsSoftphoneを利用しているが、WiFiでテストしていたため、3Gでのコーデック設定について失念していたのだ。これのせいで2時間を費やした。しかし、AGEphoneにはG.711u-Lawが無いのにテストでは通話できた。この辺は良く分からないのが実情。

ちなみにAGEphoneは電池バカ喰いアプリなので、固定電話のように使う場合には向いていない。Acrobitsのものがプッシュ通知対応なので省消費電力でオススメ。私もGroundwireを使ってみようかと検討中。

もう一つ、今回は固定IPサービスを使用せず、設定時点で割り当てられたグローバルIPを使用して設定した。今後安定した電話ライフをお望みの場合には固定IPサービスを導入を検討するかDDNSサービスを利用すること。私はGMOとくとくBBを検討中。固定IPプランはオマケとかキャンペーンなんかは期待できないけど。

書き始めて途中から、文体と口調が変わってレビュー調になっちゃいました。読みづらくてスミマセン。

つづく....

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • hicchy56
    • 2014年 12月 25日

    おはようございます。

    ひかりルーターの内線設定についてですが、投稿にあるとおりでした。
    内線1と内線2は同じ内容でした。また、電話番号も同じものが登録されています。

    この状態のまま、光ルーターとMini-100 Proをつないで試してみたいと思います。

      • hicchy56
      • 2014年 12月 31日

      おはようございます。
      設定を見直して、再設定を進めているのですが、なぜか、内線設定が登録できなくなってしまいました。
      システムファイルが壊れたのでしょうか?
      設定ファイルのバックアップにもそれらしいファイルがありません。

        • TLFFE
        • 2015年 1月 01日

        設定メニューのsystem→バックアップ/リストアから出荷時設定にして、マニュアルに沿って初めからやり直すというのも、成功への近道かもしれませんよ。
        Restoreボタンを押すと何のメッセージもなく初期化されますので、ご注意を。

    • hicchy56
    • 2014年 12月 23日

    ご回答ありがとうございました。

    >ONU-光ルーター-(HUB)-Mini-100 Pro

    とありますが、
    ONU-光ルーター(LAN)-Mini-100 Pro(WAN)のようにルーター直付けでは、だめなのでしょうか?
    また、CD-ROMのマニュアルにある方法では、光ルーターのUNIポートにSW HUBを経由してMini-100 Proをつないでおり、こちらの方法
    とは違うようですね。
    実は、Mini-100 Proの設定について別のサイトで相談に乗っていただいたのですが、その方は、PR-400MIを使われていて、
    当方PR-400KIのため、設定方法に違いがあり、うまくいきませんでした。

    具体的には、光電話に着信があると、ルーターにつながっているアナログ電話の着信音を鳴らさずに勝手にMini-100 Proがアナウンスを流してしまうというものです。
    実は、スマホで光電話の設定もしてあるのですが、スマホの着信音も鳴りません。
    IP-PBX(Asterisk)の設定ファイルを直接変更すればいいのかもしれませんが、残念ながら知識もなく、未だにうまく設定できていません。
    心当たりがあれば、教えていただきたいと思います。

      • TLFFE
      • 2014年 12月 23日

      hicchy56さん、こんにちは。
      自己満備忘録さんのところでもBitBadOldManさんと相当なやり取りをしてらっしゃいましたね。私はそれを参考にさせていただいていたんですよ。同一人物でなければごめんなさい。

      問題解決の前に私が知りたい事を書きますね。
      1)グローバルIPは固定ですか?
      2)ひかりルーターにアナログポートに接続してある電話機とMini-100に接続してある電話機を同時に鳴らそうとしてます?
      3)スマホdeひかり電話の接続先IPは宅内ネットワークのひかりルーターもしくはその配下の無線親機ですか?
      4)ひかりルーターにはいくつの番号を設定していますか?複数あればどの番号を何に接続しているのか教えてください。
      5)Mini-100に接続しているIP電話機の機種(スマートフォンアプリではありません)を参考までに教えてください。

      Mini-100を設定する上で必要なのはおおまかに、
      a)グローバルIPの設定(ひかりルーター)
      b)内線設定(ひかりルーター)
      c)一般設定(Mini-100)
      d)インバウンド・アウトバウンド設定(Mini-100)
      e)内線設定(Mini-100)
      ですね。

      問題を切り分けて解決するか、初めからやり直すかの2通りの方法がありますが、Mini-100を現在運用できていないなら、初めからやり直すのが良さそうな気がします。

      最後に、ルーターのUNIポートには何も接続しません。現在マニュアル見てませんが、荒業使ってMini-100配下のLANからセッション張ろうとしてるんですかね。固定IPがあれば必要ありません。別セッション張るにしても必要ありません。

      このことからもお分かりのとおり、ネットワークの構成が重要なのです。
      現状どうなっていて
      そこから何を実現したくて
      現在何が準備できていて
      何が足りないのか
      が分かると、解決まで早そうですね。
      よろしくお願いします。

      PS:現在、私の会社でMini-100の設定を業務にしていないので、お金いりません(笑)。

        • hicchy56
        • 2014年 12月 23日

        自己満備忘録でも、同じIDで投稿しています(^^;)

        >1)グローバルIPは固定ですか?

        GMOとくとくBBにしてますので、固定のはずです。

        >2)ひかりルーターにアナログポートに接続してある電話機とMini-100に接続してある電話機を同時に鳴らそうとしてます?

        アナログポートの電話とMini-100に接続してある電話機とを同時に鳴らしたいと考えています。
        アナログポートの電話はFAX兼用となっています。商売柄、FAXは必須なのと、自宅には両親が住んでいるためです。
        固定電話は、主に両親が使います。

        >3)スマホdeひかり電話の接続先IPは宅内ネットワークのひかりルーターもしくはその配下の無線親機ですか?

        次のような構成です。
        ONU-光ルーター(LAN)┬無線LAN(バッファロー製)-スマホ
        └Mini-100 Pro
        機種依存文字を使っているので、文字化けあるかもしれませんが、光ルーターのLANポートに無線LAN親機をブリッジ
        モードで、同じく光ルーターのLANポートにMini-100 Proをつないで試しています。

        >4)ひかりルーターにはいくつの番号を設定していますか?複数あればどの番号を何に接続しているのか教えてください。

        現在の構成です。

        内線3 空き
        内線4 androidスマホ(SH-07D)
        内線5 iOSスマホ(iPhone5s)
        内線6 Mini-100 Pro
        内線7 空き

        Mini-100 Proの設定がうまくいけば、内線4~5のスマホは、Mini-100 Pro配下に置こうと思っています。

        >5)Mini-100に接続しているIP電話機の機種(スマートフォンアプリではありません)を参考までに教えてください。

        現在は1台もつないでいません。

          • TLFFE
          • 2014年 12月 24日

          やはりそうでしたか。その時に解決できなかったんですね。随分と長く格闘してらっしゃいますね。設定画面も暗記されているのでは?

          さて、GMOとくとくBBだからといって固定IPとは限りません。固定IP接続サービスに加入すると固定IPになります。ご確認を。

          お返事内容から推察すると、見た目のネットワーク構成は

          ひかりルーターのアナログポートには電話兼FAX機が1台接続されている
          ひかりルーターのLANポートにはバッファロー製の無線LAN親機が1台接続されている
          ひかりルーターのLANポートにはMini-100のWANポートが接続されている

          ですね。今のところスマートフォンは無視してます。
          内部の構成ですが、

          無線LAN親機はひかりルーターとブリッジ接続なので、ひかりルーターのIPアドレスが192.168.1.1とすると無線LAN親機のIPアドレスは192.168.1.*となっている
          無線LAN親機はルーター機能を使わずに配下の無線子機はひかりルーターからDHCPで192.168.1.*のIPアドレスをもらっている

          でいいですか?これらの内容はいわば条件です。違うところがあれば上のようになるように設定が必要です。

          もう一つ確認したいのですが、Mini-100以外にも固定IPで管理したい(している)機器はありますか?あるとしても無線LAN親機ぐらいですか?NASがあればそれもでしょうか?
          一度に全てを設定すると混乱しますので、Mini-100以外はDHCPで自動取得にしませんか?現在そうなっているなら問題ありません。

          質問ばかりで申し訳ないですが、現場にいる訳ではないので方法だけ想像で書いてもうまくいきません。ご了承願います。

            • hicchy56
            • 2014年 12月 24日

            おはようございます。

            GMOとくとくBBは、固定IP接続サービスで加入していますので、固定IPのはずです。
            アナログポートには、もう1つLPガスボンベの異常検知メンテナンス線(?)がついています。

            >もう一つ確認したいのですが、Mini-100以外にも固定IPで管理したい(している)機器はありますか?あるとしても無線LAN親機ぐらいですか?NASがあればそれもでしょうか?

            これについては、光ルーターが1階にありますので、2階用の無線LAN親機(ブリッジモード)1台
            1階には、プリンターが2台有り、1階の無線LAN親機(ブリッジモード)1台に有線でつないでいます。

            こちらのサイトを参考に、192.168.1.2-Mini-100、192.168.1.4~5プリンタ2台でIPアドレスを振り、DHCPでは192.168.1.6からIPアドレスを振るように光ルーターの設定をしています。
            このほか、TV、HDDレコーダー、パソコン等自宅にはありますが、192.168.1.* のアドレスが振られています。

            実は、あのサイトでのすったもんだの後、体調を崩したことと、仕事が忙しくなった関係で、Mini-100の設定を放置していました。
            最近になって、体調も戻り、仕事の量も減ったことから、Mini-100の設定に再チャレンジしようと思って、情報を検索したところ、このサイトにたどり着きました。

            Mini-100の設定は、こちらのサイトのアドレスと同じものを使用して、仕事の合間に少しずつ行っています。まだ、一般設定しか済んでいないので、光ルーターとMini-100はつないでいませんが、内線設定を行ってから、つなげて、残りの設定を進めたいと思っています。

            しばらくおつきあいいただけると幸いです。

            • TLFFE
            • 2014年 12月 24日

            IPアドレス的にはできちゃってるみたいですね。
            何となくですが、ひかりルーターの内線設定がウマくいってないような気がします。
            また、細かい設定を見逃すと、これまたウマく行きません。ゆっくりやりましょう。

            ひかりルーターの設定の確認と見直しからですね。
            設定に必要な項目を列記します。
            ご自身の設定を変更しないでくださいね。ガス関係が気になります。違いを確認して教えてください。

            電話設定-ひかり電話共通設定
            [ ひかり電話設定 ]
            音質優先モード-なし
            優先着信ポート-無効
            [ 拡張設定 ]
            PING応答機能-使用するにチェック
            [ 通話中の相手先からのメディア変更設定 ]
            メディア変更-常に許容する

            電話設定-内線設定
            利用有無 内線番号 ニックネーム    端末属性
            チェック  1    TEL1  アナログ端末(電話機1):電話兼FAX機
            チェック  2    TEL2  アナログ端末(電話機2):ガスデータ送信用
            各内線番号の「編集」を確認します。

            内線番号:1
            [ ひかり電話設定 ]
            ナンバー・ディスプレイ:使用する
            キャッチホン・ディスプレイ:使用しない(契約による)
            モデムダイヤルイン:使用しない
            割込音通知:使用する
            ダイヤル桁間タイマ(秒):4
            エコー・キャンセラ:使用する
            [ 電話番号設定 ]
            固定電話の番号 通知番号:チェック 着信番号:チェック 指定着信機能:全チェック無し 着信音選択:IR

            内線番号:2
            ここの設定はガス会社の設定に因るでしょうね。
            内線1と別の電話番号をひかり電話のマイナンバー取得によって設定されていると問題の切り分けがスムーズに進みそうです。
            そうでなければ、ガス会社のノーリンギングによる着信が問題の原因になりそうな気がします。
            ここの電話番号は内線1の固定電話の番号と同一ですか?

            先ずはここまでお願いします。

    • hicchy56
    • 2014年 12月 17日

    はじめまして。
    光ルーターとMini-100のLAN配線について教えてください。
    こちらの例では、光ルーターのLANコネクタからMini-100のWANコネクタにつないでいるのでしょうか?

      • TLFFE
      • 2014年 12月 17日

      コメントありがとうございます。
      Mini-100 ProにはWAN側コネクタとLAN側コネクタがあります。LAN側コネクタは内部ネットワークからの設定用に用意されているもので、Mini-100 Proの設定時を除いてLANケーブルの接続は必要ありません。
      WAN側コネクタは外部ネットワークとの接続に必要とされるもので、常時LANケーブルの接続が必要なものです。
      ご質問の件ですが、Mini-100 Pro自体にはインターネットにセッションを張る機能がないので、光ルーターの配下に接続する必要があります。
      一般的なNTTの光回線契約だと、
      ONU-光ルーター-(HUB)-Mini-100 Pro
      になりますし、私の場合もこの通りです。
      光ルーターには4つのLANポートがあるので、この一つからLANケーブルにてHUBに接続し、このHUBとMini-100 ProのWAN側コネクタとLANケーブルで接続しています。
      このMini-100 Proの配下にスマートフォン内のGroundwireと固定電話としてのfanvil56cを配置していますが、Groundwireは光ルーターの固定IPを指定し、GroundwireはMini-100 ProのLAN内部IP(WAN側IP)を指定して接続しています。
      書いていて思いつきましたが、Mini-100 ProのWAN側ポートと内部ネットワークという矛盾(?)にお悩みでしょうか?
      Mini-100 ProのWAN側ポートの意味は、単に外部(インターネット)とのデータのやり取りに使う専用の端子と言う意味しかありません。Mini-100 Pro自体はWAN側に繋げようが、LAN側に繋げようが、どちらも内部ネットワークに存在しています。パソコンで言うと、ネットワークカード2枚挿しです。インターネットとのデータ通信をMini-100 ProのWAN側ポートでするための設定は光ルーター側の設定で行うと同時に、Mini-100 Pro内にも光ルーターの固定IPの設定場所があります。この時に使うMini-100 Pro側の物理的通信ポートがWAN側ポートだというだけです。
      余計なことまで書きましたが、何かあればまたどうぞ。

コメントは利用できません。