44歳で退職から会社設立?!事の顛末を綴るブログ

仲間になってくれるんですか!

2014.09.01

仲間になってくれるんですか! はコメントを受け付けていません。

サイトロゴ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

前回、会社ロゴを自前で考えたところ、得体の知れない何かを描いてしまい、これはプロに頼んだ方が良いだろうという結論に達したのです。そこで、こちらも会社勤めしていた際に取引のあった会社のT君にお願いしようと電話したのです。「近いうちにこちらに来る用事があれば、お昼でもいかが?」と誘ってみると、「了解です。18日でいかがでしょう。」と何ともいつもながら丁寧なご返答。

ということで、食事に行ったのは中華チェーン店。ランチコースを食べながら、起業しようと考えていること、ロゴを考えたけど変なモノにしか見えないなど話すと、今度は事業について、ロゴコンセプトについてなど、いろんな質問を浴びせられたのでした。彼の中でイメージを作り上げてるんだろうなぁと感心しつつも、「お金無いから安くしてくれるように、お願いね!」といつもながら無責任なお願いをしたのでした。

翌日、いつもとおりウチ奥さんの運転手を務めていると携帯電話にT君から連絡が。「やっぱり安くってのは無理?」なんて軽口を叩くと、T君は冷静に「I社長に話しました。今回お金はいりません。」とのお話。ん?この展開どこかで最近あったよな。「いやいや、そんな訳にはいかないでしょ。」と返すも、またも冷静なT君は「I社長が出世払いにしてもらうように言ってます。」、私は「ちょっと待って、出世しなかったらどうすんの?」と切り返すと、T君は「I社長は出世してもらわない訳にはいかないと言ってます。」。マジか!なんというプレッシャーの掛け方をしてくるんだ。このプレッシャーを何とか払いのけようと電話口で攻防が続くも、冷静なT君の口調に押されつつI社長の顔を思い出し、「分かりました。有り難くお言葉に甘えます。」と電話を切ったのでした。一部始終を横で聞いていたウチの奥さんは「これはやらない訳にはいかなくなってきたね。あなたが必要としている人たちから協力してもらって、あなたがプレッシャーを感じてるんなら、ウマイこといくんじゃない?!」との有り難いお言葉。前にお願いしたS社長といい、今回のI社長といい、私の扱い方を良くご存じで。ということで、期せずして仲間が増えたのでした。近いうちに挨拶に行かなきゃいけません。

この日はウチの奥さんの勧めもあって、仕事専用のパソコンを注文しました。この件はまた後日。

関連記事

コメントは利用できません。