44歳で退職から会社設立?!事の顛末を綴るブログ

税務署と年金事務所から郵便物が到着

2015.03.01

税務署と年金事務所から郵便物が到着 はコメントを受け付けていません。

起業後アイキャッチ画像

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

先日、こちらの記事で、税務署と年金事務所へ手続きを行ったのですが、その後どうなるのかが分からず、ネットで調べるも、手続きまでは書いてあるものの、手続きしたらどうなるのかまでは見つけられません。ひたすら待つしかないのかなぁ、なんて悠長なことは言っていられないのです。

というのも、役員報酬を支払うにも健康保険と年金保険料と源泉所得税を控除しなくてはならないからです。じゃぁ、その額は?ってなことです。

税務署からはいろいろ届出や申請をしてから2週間程度でA4版の封筒で郵便物が届きました。内容物は、

1.「所得税徴収高計算書等の送付について」と記載されたオモテ紙が1枚
2.「あなたの整理番号は」と記載されたA5版の紙が1枚
3.給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書が3部
4.平成27年分給与所得者の扶養者控除等(異動)申告書が1枚
5.平成27年分給与所得退職所得に対する源泉徴収簿が1枚
6.源泉徴収のしかた平成27年版が1部
7.平成27年分源泉徴収税額表が1部

です。

親切だね、税務署。ということで内容を熟読。一回読んだだけじゃ全てを把握できないので、取り敢えずやらなきゃいけないのが、上の4の記入と保管です。平成27年の最初の給料を支払うまでに作成することになってます。

先日、税務署に申請した書類に「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」というのがありまして、これは社員数10人以下なら税務署の承認を受けて、源泉徴収済みの税金を、本来は毎月納税するところを7月と翌年1月のまとめて年2回でいいよ、という制度の申請書です。払込も手間なので申請したのですが、申請した翌月中に承認又は却下の通知がなければ承認されたってことです、っていうお返事のされかたなので、「まるまる1か月待つのかよ~。」と思っていた訳です。

ところが、上の3の書類ですが、実は2種類存在してまして、「一般分」と「納期特例分」とがあります。一般分は毎月納付用で納期特例分は年2回納付用です。私に送られてきたのは納期特例分が送られてきました。ということは、先の申請が承認されたってことかしら?と思いたいのですが、税務署の返事の仕方に承認されたら納期特例分の計算書を送るなんて、どこにも書いてありません。結局のところ、通知を待つか、何も来ないのを待つかしか方法は無いんですかね。この記事の投稿が3月1日(日)なので、納期特例分の計算書が来たってことで承認だったのかなぁ。

因みに、この計算書ですが、源泉徴収した税額を記載し、金融機関に持ち込み支払うための納付書にもなっている3枚複写モノです。実は給与計算ソフトで給与明細だしたら、税額が計算されなかったので、おかしいなぁと悩んでいたら、私の役員報酬は源泉徴収の対象となる報酬額のはるか下ということが分かり、税金も払えない報酬かぁ、とプチ落ち込みしておりました。では、この計算書は何に使うのかというと、徴収税額が無いなら無いで内容を記入して税務署に提出するんですって。

次は社会保険関係ですが、健康保険については先に保険証が協会けんぽから届いております。遅れてやってきたのが、これも協会けんぽからですが、

1.健康保険・厚生年金保険資格取得確認および標準報酬決定通知書
2.健康保険被扶養者(異動)届 副
3.適用通知書

の3種です。

多分1と2はセットだと思います。というのも、これら全ての書類がまとめて1か所でホチキス留めしてあるのです。1の書類には私の各保険料計算の基となる標準報酬月額が記載されています。もちろん最低金額です。この書類の2枚目は「この通知書のことで不服があるときなど」と書かれたものです。これに添付されているのが、先日年金事務所で届け出た健康保険被扶養者(異動)届の副の本紙です。届け出たけど、何にも返してくれないなぁと思ったら、こんなところで返ってきました。

3の書類は適用通知書です。これは事業者宛になっています。ここには事業所整理記号が記載されています。

これら全ての書類に「日本年金機構北海道事務センター」の確認印が押印されています。年金機構での手続きの後、書類が協会けんぽに回って、発送業務もしてるってことですかね。

とここで、日付のお話、どうでもいいのですが、保険証が送られてきたのが2月20日、これの送付文書の日付が2月19日でした。で、今回、協会けんぽからの通知書等が届いたのが2月24日、通知書内の確認印等の日付は2月18日でした。

ということで、2月2日新規適用届出、2月18日適用決定、2月19日保険証発送、2月23日決定通知書発送、といったところでしょうか。

保険証を早目に送ってくれるのはありがたいことです。

給与計算ソフトに給与額を入力すると、自動的に健康保険と厚生年金保険の保険料が計算されます。これは便利!給与明細を印刷すると、なんとも寂しい手取り額。がんばろうっと。奥さんゴメンネ。

関連記事

コメントは利用できません。