44歳で退職から会社設立?!事の顛末を綴るブログ

JCB法人カード申込書を送ったら薄っぺらい郵便物が届いた

2014.11.09

JCB法人カード申込書を送ったら薄っぺらい郵便物が届いた はコメントを受け付けていません。

起業後アイキャッチ画像

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

前回までにJCBと三井住友カードに法人向けクレジットカードの申し込み書類を郵送しました。

後はJCBからはカードが、三井住友ビザカードからは在籍確認の電話がくるだけだろう、と考えて日々過ごしております。

「ピンポーン」郵便局員さんが簡易書留を配達に来たとのこと。何だろうと応対するとやけに薄っぺらい封筒で、宛名が私の個人名になっており、会社名は記載されていません。

「ひょっとして審査落ちの通知!?」

でも審査落ち通知に簡易書留は無いよなぁ、とおそるおそる開封してみると、中にはA4版の手紙が一枚のみ。手紙のタイトルには「ご契約確認書類」と記載されています。

足りない書類でもあったのかなぁと思って読み進めると、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づいて、本人確認書類をJCBが受け取ったら、この手紙を簡易書留か転送不要郵便で送付することになっているとのこと。

手紙の最下部には申し込んだ法人名とカードの種類が記載されています。

JCBご契約確認書類

「なぁーんだ」と拍子抜けした文書でした。

あまり悪いことが思いつかないので、どうやってこの手の申し込みを悪用するのか分かりませんが、善良な市民にはあまり関係の無い手続きですよね。金融機関はさぞご苦労の多いことでしょう。

このように、JCBの方は着々と手続きが進んでいるのがわかます。

11月4日にこちらから申込書を郵送し、JCBに到着が中1日で11月6日(推定)

JCBから今回の文書の日付が11月7日で発送が同日と推定して、到着が中1日で11月9日(本日)です。

しかーし、もう一方の三井住友カードからは何の音沙汰もありません。

在籍確認の電話がファーストコンタクトかと思っているのですが、それもありません。

ひょっとして書類段階で審査落ちで、私はそのお知らせを待ち続けているだけなのかもしれません。

乞うご期待。

つづく...。

 

現在までの動き

JCB(JCB法人一般カード)

10月27日:オンライン申し込み

10月28日:在籍確認の電話あり

10月29日:入会判定結果の通知メールあり

11月1日:入会申込書類到着

11月4日:入会申込書類郵送

11月9日:親展・簡易書留・転送不要で「ご契約書類確認」文書到着

三井住友カード(三井住友ビジネスカードクラシック(一般)カード)

10月29日:資料請求オンライン申し込み

11月1日:入会申込書到着

11月4日:入会申込書類郵送

関連記事

コメントは利用できません。