44歳で退職から会社設立?!事の顛末を綴るブログ

次は無いぞ!NTT!

2014.09.07

次は無いぞ!NTT! はコメントを受け付けていません。

電話・インターネットアイキャッチ画像

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

前回の続きです。

期待を裏切られ、怒り狂う感情を抑え、今こそ電話してやるぅ!待ってろNTT!

こんな感じで電話するとロクなことにならないので、300系を元通りに梱包し、ちょっと一服。さて、電話するぞ!

「先日、かくかくしかじか、というお願いをして、光ルーターが届いたのですが、お電話で伺っていたものとは違うモノが送られて来たのですが。」

「あいにく本日は確認が取れませんので、月曜日にもう一度ご連絡頂けますでしょうか。」

この時点でプチ切れ。

「イヤイヤ、確認もなにも、そちらにどんな手配がなされているかはわかるでしょう。」

「先日承った担当の者が、本日お休みをいただいておりまして。」

知るか!そんな事!

「電話の内容を録音しているんでしょう?それを確認してもらえればいいんですよ。そんな事より、希望のものと違うものが来て、これについて交換の手続きをして欲しいっていうのが重要なんです。」

「こちらで確認して、ご連絡さしあげます。」

「いつです?追加電話番号を取得して、同日にルーターが届くというので、ルーターへの設定は一度で済むと思っていたんです。」

「間もなく折り返しご連絡しますので、少々お待ちください。」

あー、段々と腹が立ってきた。大きな組織だからしょうがないけどさ。なんて消費者にはどうでもいいもんね。自分の会社ができたら気を付けようっと。

「NTTの○○です。」

おっ、今度は男性から電話です。

「この度は大変申し訳ございませんでした。」

「VPN張りたいから400系をお願いしていたんです。なんとか早急に手配してもらえませんかね。」

「大変申し訳ございません。実は本日はNTTのオーダーや配送関係のシステムメンテナンス日でして、新規のご手配ができないのです。」

な・ん・だ・とー!!!知るかー!!!

「では一番早くていつですか?」

「来週の月曜日になります。」

「わかりました。確実にお願いします。」

ということで、火曜日にはルーターが届きました。あー、やっと来たよ。200系を取り外し、300系の箱に一緒にいれ、300系に同梱されていた着払い伝票を張って返却しました。

400系のルータの設定は思いの他簡単で、あっという間に何のトラブルも無く終了。さて、本番のVPNの設定をするか、と設定画面を見るもどこにもそんな項目はありません。イヤイヤ、ネット上でもみんなこれを設定しているぞ。何で俺のだけ無いんだ!これについて調べようとネットを徘徊していると、「光アクセスハイスピードプランを契約していないと表示されない」との書き込みを発見。確かに私の回線はNTTが勝手に変更したファミリータイプだ。これが原因か。早速NTTに電話。

「すみません。400系のルータをレンタルしたのですが、VPNサーバの設定項目が表示されないのです。どうも回線契約と関係しているようなのですが、ハイスピードタイプに変更すると表示されるとの情報があったのですが、本当でしょうか。本当なら手続きしたいのですが。」

「大変申し訳ございません。こちらでは機器に関することは分かりませんので、NTT機器なんとかセンター(忘れた)にお電話いただけないでしょうか。電話番号は~です(忘れた)。」

面倒だな。しょうがない、電話してやる。

オタクっぽい女性(失礼)が電話口にでたので、

「400系はVPNサーバ機能がついてますよね。これの設定項目が表示されないのです。ウチはNTTのBフレッツサービスからNTTの工事により光ネクストに変更になっていることは確認しました。光ネクストだと400系にVPN機能が表示されると聞いていたのですが。それともハイスピードタイプじゃないとダメなんでしょうか。」

「調べますので少々おまちください。」

って何分待たせるんだよ!

「お客様の、お客様IDは何から始まりますか?」

「COPです。」

「光ネクストはCAFから始まります。お客様の回線はNTTの工事により、確かにBフレッツから光ネクストへ変更になっていますが、純粋な光ネクストではありません。回線種別はBフレッツのままで、サービス上で光ネクストに契約が変更になったものです。なので、Bフレッツ、つまりお客様番号がCOPで始まる状態だとVPN機能の設定は表示されないということになります。」

何だとー!!!根本からダメダメじゃないかー!

「じゃぁどうすればいいのですか?」

「光ネクストでしか提供していないサービスをお申込みすることによって、CAFに変更になると思います。サービス担当ではないので、WEB116にご確認ください。」

何だ「純粋な光ネクスト」って。なんか差別的な物言いだ。Bフレッツユーザーをナメるなよ!それにしても段々見えてきたぞー。早速116に電話だ!

「NTTの昨年からの工事で、Bフレッツから光ネクストへの変更が行われていますが、先日当方もそれに該当しました。これを機に、月額料金が下がるとのことでダブルチャンネルを契約し、追加番号を取得し、さらには光ルーターも交換してもらいました。しかし、お客様IDがCOPのままなので、純粋な光ネクストではないようで、VPN機能の設定項目が表示されないのです。現在のCOPをCAFに変更してもうことはできませんか?」

とズバッとお願いしてみた。

「できません。」

早っ!

「しかし、お客様名義で光ネクストを新規でお申込みになることは可能です。電話番号も引き継げます。ただ、現在の親御様名義のCOP回線の契約を解約するにあたり、2年割をお申込みですので1万円弱の違約金が発生します。現在なら光ネクストのキャンペーンで、今回のパターンですと1か月分の利用料が無料になりますので、実質負担は5千円程度になりますが、いかがでしょうか。ギガタイプだと2か月分が無料になります。」

まさに悪魔のささやき。

だから春先に、私名義の電話を解約したばかりなんだって。それも光回線だったんだってば。しかし、まともに回線種別を変更すると、工事費は2万4千円なのである。これはしょうがない、悪魔に魂を売り渡すつもりで、

「わかりました。親の回線を解約して、私名義でハイスピードタイプを新規で契約します。」

何故ハイスピードタイプかというと、ギガタイプのルーターはONUと一体型なのです。現在の我が家の配線では電話線をながーくするか、光ケーブルをながーくするしかないので、分離型ルータがあるハイスピードタイプ一択なのです。

「かしこまりました。工事日は9月5日になります。ルーターは400系がご希望ですね。当日、光コンセントの設置とルーターの交換を行います。」

「ルーターならありますけど。先日届いたばかりの。」

「新規でご契約なので、お手持ちのルーターはレンタル終了で回収させていただき、新規の契約分として新しいルーターをお持ちします。」

「同じ400系ですよね。」

「はい同じです。」

まぁ、いいや。9月5日を楽しみに待っているぞ!NTT!

関連記事

コメントは利用できません。